婚活・結婚相談ならイオングループの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

小野小町の力で愛を貫き浮気に勝つ「随心院(京都府)」

小野小町の力で愛を貫き浮気に勝つ「随心院(京都府)」

理想の恋と人生が掴める 厳選「聖地・パワースポット」【第3回】

前回紹介した「女性の願いを叶えてくれる」聖地 長谷寺は、あらゆる男性を虜にした世界三大美女 小野小町も愛した聖地でした。今回は、小野小町の恋愛力で「ぶれない自分と愛」に出会う聖地、随心院をお届けします。

■古事記の女神になぞらえられた小野小町

小野小町は、「光り輝く美女」「神々しい気品が、衣を身につけていても、肌からあふれだす」「妻の妹、兄妹であっても、愛し求めてしまうほどの女性」という意味で、古事記登場の和歌の女神「衣通姫」(そとおりひめ)になぞらえられていました。それほど魅力的だった小野小町は、国司・公卿(くぎょう)の血縁者で容姿端麗な女性が務める宮中神事「五節の舞」の舞姫に抜擢され、時の帝 仁明天皇(嵯峨天皇と檀林皇后の皇子)の妃の1人 更衣として愛され、活躍する運命を歩みました。

 

仁明天皇だけでなく、平安時代のプレイボーイ 在原業平をはじめ、あまたの男性を虜にしたと囁かれる小野小町の生き方や恋愛は、多くの伝説、能楽や浄瑠璃の題材として語り継がれていますが、もっとも有名なものは「深草少将の百夜通い」。小野小町は、モデルとされる良岑宗貞と、第2回「復縁・再会を叶える聖地」長谷寺で出会っています。

■和歌と言葉で、天も人も動かす巫女力

さて、小野小町といえば絶世の美女のイメージが強くありますが、実は、彼女が異性を魅了した理由は、美しさが1番の理由ではありません。彼女が人から愛されてやまない魅力は「言葉で男性を骨抜きにする才女」という点にありました。

 

・どのような言葉を伝えれば心に刺さり必要とされるのか、術を熟知していた

・人の孤独や悲しみを自分のことのように理解する力に長けていた

・向き合う人が求める行動を示すことができるコミュニケーションの達人

 

これが、小野小町の真の姿であり、彼女が男性の心を鷲掴みにした秘訣だったのです。

 

小野小町は、古代より神事・呪術を司る小野家、閻魔大王のもとに使えた百人一首の歌人 小野篁(おののたかむら)の血縁。力は語り継がれるもので、小野小町も、小野小町の子孫 織田信長・豊臣秀吉らに仕えた小野於通も、巫女の力、言葉で人を動かす才能で世を救っていました。

 

特に、小野小町は和歌で天地を動かす力に長け、空海が雨請いをした神泉苑には、「僧侶の祈祷で二進も三進もいかない雨請いが、帝の勅命で言霊の和歌を詠んだ小野小町により雨がふり、五穀豊穣へ向かった」と伝説が語り継がれているほど。

 

日本初の和歌は、出雲大社の神 スサノオの、女神への愛言葉の和歌「八雲立つ」。和歌は神様の言葉、言霊・呪術の1つ。現在はおみくじとして霊験・神託に触れることができますが、小野小町=和歌の女神「衣通姫」、小野小町の和歌やゆかりの地は、「言葉で人の心を掴む力」を授けてくれるでしょう。

■自分に打ち勝ち、最愛の人を射止める「小町文塚」

小野家ゆかりの地 随心院には、小野小町の願掛け力が宿った恋文(和歌)の塚「小町文塚」があります。土の中には、今もなお、小野小町が自ら埋めた手紙が眠っています。その数、なんと、千束!神様の加護をいただく神社のお札、神託をいただくおみくじ、お守りの中に入っている神札。これらは紙で作られていますが、紙は霊力が宿る聖なるものとされ、特に和紙は、古も今も、言霊をのせ願いを叶える絶好のアイテムとして重用されています。

 

この小町文塚は、紙に託された恋愛の霊力、言霊の力を与えてくれます。特に、小野小町がたった1人を愛し、あまたの異性との関係を断ったように、「自制心を保つ」「欲求不満に打ち勝つ」力を、手にすることができます。恋愛においては、あなたやあなたのパートナーの「浮気防止(かけがえのないパートナーを愛し続ける力)」、「色欲に惑わされない力(悪い異性の毒手から逃れる力)」を。人生においては、「大器晩成」「言葉を具現化するチャンスと居場所を作る力」を手にするでしょう。

 

小野小町は、17歳で母を、19歳で父を、21,23歳で兄と弟と離ればなれとなり、孤独と共に人生を歩みました。仁明天皇をひたむきに愛し、どのような男性に好意を示されても心を強く保ち、揺れることはなく、清く気高く人にも自分にも厳しい女性、それが小野小町。家族との縁が薄い人、彼女と似た人生を歩む人にとって、小町文塚は絶大な加護を発揮します。

 

時代を経て、今もなお、その名が知れ渡る小野小町のように、100年、200年、1000年先に名を残したい人、たった1人と向き合い愛を貫きたい人は、この場で誓いの手紙を書き、祈るといいでしょう。

■憧れ・想い出・出会いを糧に魅力を培う「小野小町 化粧の井戸」

随心院にはもう1つ、理想の恋愛と人生が掴める聖地があります。それは、小野小町の屋敷跡に残る「小野小町 化粧の井戸」。小野小町は、この井戸水を愛用したと言い伝えられています。効果は下記の3つ。

 

・想いを共感できるパートナーと共に、さらなる高みに向け飛びたつ、挑戦する

・心の中心・信条を見つめ直し、秘めたる無限の可能性を開花させる

・恋心をおさえ、愛する人のために自身の糧となる未来を培う

 

井戸は埋めてはいけないもの、汚してはいけないものの1つ。化粧の井戸は、料理に使う水・飲む水にこだわる人、井戸が自宅にある人と縁のある聖地。あなたとゆかりのある井戸の水が澄み、溢れ、綺麗に流れるほど、家族・家庭・使用する人の心身や社会性・人間関係を潤し、潤沢にしてくれます。どうぞ、手入れと愛用を習慣にしてくださいね。

■随心院ゆかりの偉人・小野小町の生き方と言葉をライフデザインに生かす

小野小町、また、小野小町が愛した仁明天皇の母親 檀林皇后は、異性への情欲を滅する「九相図」のモデルとして登場します。諸行無常・人間の肉体の儚さを表現したものですが、

 

・ひとりでなく、誰かに導いてほしい道・居場所を考える

・心の奥に秘めてしまう、本当の自分の気持ち、想いを表現する

・悲しみや苦しみ、過去の傷ついた記憶と向き合う

 

この3点を意識し「九相図」をながめると、ご利益があるでしょう。

 

源氏物語では、光源氏は、女性の魅力を高める香りを調合する際、仁明天皇 秘伝の薫物にあやかりました。仁明天皇に愛された小野小町ゆかりの随心院の線香は、源氏物語の香りをあらわす「源氏香」マークのパッケージに包まれています。小野小町があなたに寄り添う香りを、参詣時にぜひ、探してくださいね。

連載 理想の恋と人生が掴める 厳選「聖地・パワースポット」

関連する投稿

ライタープロフィール

大濵 彩花

大濵彩花

ORDERMADE LIFE DESIGN 代表。松山大学・経営学部卒業後、トレンダーズ(株)女性起業塾 起業・キャリアプランナーとして女性の生き方・働き方を支援。経営陣選出 全社表彰制度MVP・新人MVP受賞。その後、慶応大学院 政策・メディア研究科 社会イノベータコースで学び、独立。古典・神道・伝統を温故知新に啓蒙する活動(クールジャパン事業採択)を展開。生き方、仕事、恋愛などのカウンセリングも行っている。

恋サプリ新着記事一覧

  • イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

  • 理想の相手と出会うために
    まずは、自分の恋愛傾向を知ることから。

恋サプリの処方箋 一覧

恋サプリライター一覧