婚活・結婚相談なら結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

LINEで彼を夢中にさせる魔法のテク3つ

LINEで彼を夢中にさせる魔法のテク3つ

好かれるLINE、引かれるLINE【第16回】

彼からLINEの返信が来なくなっちゃった……と悩んでいる女性は大勢います。返信が来ないと「私のことなんてどうでもいいの?」と考えたくなる人も多いです。彼が続けたくなるLINEのコツをお伝えします。

 

まず、いったんLINEを終える

 

多くの女性は彼とのLINEをできるだけ引き延ばそうとしてしまいます。たとえば仕事で疲れている彼にあれこれ質問して返事が来なくなってしまったり、デートの計画を細々と聞いては面倒くさがられて会話が終了してしまったりということをしているのです。

 

彼をずっとつなぎ止めておきたいからと、あまり内容のない会話をだらだらと続けたら、負担をかけてしまいます。用件だけを伝えたら、あとはあまりやりとりを引っ張らず、彼が「もっと話したかったな」と感じるくらいの短さでこちらから会話を終えるほうが好印象なのです。

 

文字はなるべく短く、1回でもOK

 

男性は女性を追いかけたいものなので、会話をさっさと終えたほうが、彼の狩猟本能をかきたてさせることができるのです。あまり深い意味のない会話を何度も往復させるよりは、彼のハートに刺さる言葉をたった1回投げるほうが強い印象を与えることができるのです。

 

けれど多くの女性は彼にあれこれ話しかけてしまい、飽きてきた彼のほうから「もう寝るね」などと会話を切り上げさせてしまいます。これでは彼は追いかけたくはなりません。無理して追いかけなくても、あなたはLINEさえすれば即座につながってくれるのですから。

 

彼の外見を具体的にほめる

 

そう簡単につかまらないくらいのほうが恋には効果的なのです。すぐに返信をしてしまったら、彼は安心しすぎてしまうかもしれません。時にはゆっくり返事を考えるなど、時間をかけて彼を少し焦らすことも必要なのです。

 

そして彼が一番喜ぶのは、まずは外見をほめることです。かっこいいね、センスいいねなどでもいいのですが、より具体的であればあるほど効果があります。たとえば「あなたの目の下のホクロがすごくムードがあっていいね」、「今日着てたシャツの色、似合ってるよね。前も似たような色の服着てたよね」などです。このように具体的に書くと、よく見てくれているんだなと彼もドキッとするのです。

 

彼の内面も的確にほめる

 

けれど、外見だけしかほめないでいると「僕のルックスだけが好きなのかな?」と彼が不安になってしまいます。しっかりと内面もほめましょう。特に彼が頑張っていることを認め、高く評価すると「この人はわかってくれている」と彼も感激します。

 

たとえば「いつも帰りに片付けしているよね。ありがとう」とお礼を言ってみたり、「短時間でこの資料を仕上げたなんて、すごいですね」と尊敬してみたりなどです。ただ単に「優しいですね」などだと、誰にでも同じことを言っているのではと疑われてしまいますが、具体的にほめることで、この人は自分のことをきにかけてくれているのだと彼も安心できるのです。

 

叱られるよりほめられたほうがうれしいのです

 

ほめ言葉は長々書く必要はありません。短く、的確な言葉でピンポイント的にほめるだけでいいのです。彼が「うれしい」「ありがとう」などと思ってくれればそれで十分なのです。もっとほめてほしい時は、彼のほうからそのことを話題にしてくるので、その時にさらにほめればいいのです。

 

誰だって自分を認めてほめてくれる人の好感度は高くなります。なので、彼とやり取りする時にちょこちょこほめ言葉を入れることが、彼が楽しめる大事なポイントとなります。逆に、叱られたり家なされたりする人とはLINEをしたくなくなってしまいます。この人とやり取りすると、いつもうれしいことを言われると認知されれば、彼のほうからLINEをしてくる日も近いはず。

 

「おつかれさま」も、もちろん効果大です。

 

また、疲れた彼に対しては「おつかれさま」の言葉もとても大切です。ただの「おつかれさま」よりは「いつもおつかれさま」のほうが、彼が毎日頑張っていることを知っていると伝えることができるでしょう。疲れている時に、誰かから「おつかれさま」と言われたら、とても癒されることでしょう。

 

このように、彼にとって心地がいい言葉を心がければ、彼はあなたとのLINEに夢中になることでしょう。彼に送っている言葉がいつの間にか「まだ?」「そんなことも忘れたの?」などと彼を責めることばかりになっている人は、そのマイナスワードが彼の返信を止めてしまっている可能性もあるかもしれません。彼が読んだらどんな気持ちになるかを想像しながら彼とのLINEを続けていくようにしましょう。

連載 好かれるLINE、引かれるLINE

関連する投稿

ライタープロフィール

内藤 みか

内藤みか

ないとう みか

作家/脚本家/イケメン評論家。山梨県出身。
『イケメンと恋ができる38のルール』(ベストセラーズ)、『年下オトコ×年上オンナ』(ゴマブックス)など著書80冊以上。
ラジオドラマ脚本『婚活バスは、ふるさとへ』(YBS)で文化庁芸術祭優秀賞&日本民間放送連盟賞優秀賞。
舞台脚本『男おいらん』はマンガ化や小説化も。イケメン電子写真集『Japanese Hot Guys』ではカメラも。
「内藤みかのイケメンブログ」

http://ameblo.jp/micanaitoh/

恋サプリ新着記事一覧
  • IBJグループの結婚相手照会サービス「ツヴァイ」

  • 恋愛力の強みと弱みを数値化

  • 希望条件入力で、お相手候補のプロフィールを送付

  • 友だち登録で、婚活に役立つお得な情報をお届け

恋サプリの処方箋 一覧
恋サプリライター一覧