婚活・結婚相談ならイオングループの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

この一言は言っちゃダメ!言葉遣いにチラつくアラフォー女性のこじらせ感

この一言は言っちゃダメ!言葉遣いにチラつくアラフォー女性のこじらせ感

こじらせない!素敵な大人女性になる方法【第6回】

 

「年相応」にこだわりすぎるのも如何なものかと思いますが、自覚のない言葉遣いは時にマイナスイメージになることも。アラフォー女性はどんなワードに気をつけるべきなのでしょうか?

 

言葉遣いの足踏みに要注意!

 

言葉の選び方には、少なからず人となりが見え隠れするものです。「死語」や「若者言葉」のように、ある特定の年代だけが使用するワードも多く、実年齢・精神年齢のポジションを表すものでもあります。

 

例えば、幼児が「このような場にお招きいただき光栄です」などと発言したり、中年男性が「今日の会議マジやばたにえん。部長のオラつきハンパない」などと言おうものなら、メガ級の違和感を感じるとともにその言葉遣いの背景を想像してしまいます。そして、それはこじらせアラフォー女性に当てはまるケースもあるのです!

 

そこで、ちょっと気をつけたいあんな言葉こんな言葉をご紹介したいと思います。

 

 

「私」を「あーし」

 

「あっしは〇〇でやんす」の方ではなく、単純に「私」が「あたし」になり「あーし」になった呼び方です。同義語には「うち」もあります。「あーしが言っとくわ」とか「うちらのタイプじゃないじゃんね」とか、ちょいイケ気味の若い女性が使用しがちな一人称なのですが、その歴史が意外と古くて20年以上前から存在しています。

 

若者の流行に近い「しょんどい」とか「じわる」とかと違って、通過点のような存在です。それがゆえに、アラフォー女性が使用すると「まだそこ?」的な精神的足踏み感を感じさせてしまいます。

 

若作りではなく、癖として使用している女性が大半だと思いますが「癖を直す機会や必要がなかった」という背景にこじらせが滲んでしまいます。できれば「私」せめて「あたし」まで矯正していきましょう。

 

 

 

とにかく自虐が下手

 

こじらせ女性の中でも、特にアラフォーはイジられ下手が多いものです。そもそも、若い頃から笑われ役を引き受ける方ではなく、それを恥ずかしいと思っているタイプは、自意識が高くこじらせやすい傾向があります。

しかし、アラフォーになり「周りが自分の取り扱いに戸惑っている」と感じはじめると、腫れものに触るよりも笑ってくれた方が気が楽だなと思うようになります。

 

とはいえ、これまで自虐的なことを言った経験がないため「私って結婚不適合者に見られがちなんだよね〜(笑)」「結婚しないで何してたの?って聞かれるんだけど、私って突っ込みやすいのかな(笑)」など、全く面白くないことしか言えません。周りの反応も「…ハハ」程度の空笑いだと思います。そこを無理しても、こじらせを取り繕うジタバタにしか見えません。

 

相手が気を使っているなと感じたら「婚活してるよ」「結婚したいよ」と素直な言葉で伝えるのが一番です。そこで鬱陶しいアドバイスをされた時に「できないからこじらせてるんだよ(笑)」と自虐を発動させてみてはどうでしょうか?

 

 

 

「年下くん」

 

年下の男性に対する呼び方ですが、この言葉にはどことなく上から感が漂っています。

 

また、若い頃は19歳と25歳など年齢の差をとても大きく感じるものでしたが、アラフォーになると39歳と45歳はその時ほどの差ではありません。つまり「年下くん」と扱うほどに年の差を気にしなくなるのです。

 

そして、アラサー男性やアラフォー男性は「年下くん」と呼ぶには大人すぎます。そこに気づかずに「年下くん」を使い続けていると、やはり違和感が生じます。場合によってはその年下くんが、アラサーバツイチ中年太りのハゲかかりということだってあるのです。アラフォーになったら、相手を年齢で括った呼び名はやめたほうが良いでしょう

 

 

 

「女子会」「恋バナ」

 

おばさんが使うと痛がられる代名詞です。「女子会」というと「女子じゃねーだろ!」と言われ「恋バナ」というと「恋て」と失笑されるものです。

ガールズトークも然りです。要は「その年齢で」というエイジハラスメントでもあるのですが、年相応のワードとは言い難いのも事実です。それでも、未婚のこじらせアラフォー女性にはタイムリーなワードなので、口にすることもあります。その時はできるだけ正しい日本語を使用しましょう。

 

「女子会」は「友人と食事」、「恋バナ」は「恋愛相談」。年齢と言葉を擦り合わせていくと、違和感に対する冷ややかな視線を避けられますし、自分にとっても心地よくなるはずですよ。

連載 こじらせない!素敵な大人女性になる方法

関連する投稿

ライタープロフィール

山口 美香

山口美香

広告代理店勤務を経てフリーのライターをしています。
こじらせながらも、結婚・出産を経てきました。
立派な恋愛はしてきておりませんが、ダメな恋愛経験値は高めです。
バツイチ結婚歴2回・同居歴2回・ダメ男歴7年のライトな黒歴史を生かして、
綺麗ごとではなく現実的な参考例やエピソードをお届けしていきたいと思います。

恋サプリ新着記事一覧

  • イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

  • 理想の相手と出会うために
    まずは、自分の恋愛傾向を知ることから。

恋サプリの処方箋 一覧

恋サプリライター一覧