婚活・結婚相談ならイオングループの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

40代からの結婚。子どもについてはどう考える?

40代からの結婚。子どもについてはどう考える?

ご縁を引き寄せる40代女性の恋活道【第19回】

 

婚活する40代女性のなかでしばしばあがる悩みが「子ども」のこと。「相手の男性は子どもが欲しいかもしれない。でも私は産めるか自信がない」ということを考えてしまうようです。特に、40代後半の女性にとって深刻な問題のようですが、どのように乗り越えていけばいいのでしょうか。

 

 

まずは最初に大事なこと、相手と話を

 

46歳で結婚を考え始めたEさんは、彼が年下だったこともあり、子どもについてはかなり悩んだと言います。彼女は年齢のことだけでなく、体質的にも妊娠が難しい状態でした。なので「彼は子どもが欲しいのではないか」「彼のご両親も子どもを産める嫁のほうがいいのではないか」と、罪悪感のような気持ちを抱いてしまったと言います。

 

とても大切な問題なのに、なかなか彼と話をすることができないままでしたが、結婚の話がちらほら出てきたある日、思い切って子どもについて切り出してみたと言います。すると「子どもを生んでもらいたいとは思っていない」と彼は答えたのだとか。それでも、彼が子ども好きなのを知っていたEさんは、申し訳ないような気持ちをぬぐうことができなかったそうです。

 

 

子どもは授かりもの

 

そんなEさんの気持ちを揺るがしたのは、彼女のいとこの話でした。30代で結婚したいとこは、なかなか子どもが授からず、ついに不妊の検診を受けました。すると、彼女の夫の精子の量が少なく、治療が必要だということがわかったのです。

 

年齢的には出産が可能であっても、不妊などの問題で、子どもが欲しいのになかなか授からない人がいる。それを聞いた時に、Eさんの悩みに少しだけ解決が見えた気がしました。子どもとは、欲しいと思っていても、必ず生まれるというわけではなく、ご縁のようなものなのだという考えに変わったのだと言います。苦しんでいるのは40代の自分だけではないのだと気づいたのでした。

 

 

相手の考えをしっかり聞いて

 

とはいえ、世の男性のなかには、子どもを切望する人はいます。マッチングの際に「子どもが欲しい」と書かれていると分かりやすいのですが、そうでない場合は話をしてみないとわかりません。子づくりをするかどうかは、40代の婚活にとって、相手としっかり話し合う必要があるでしょう。

 

「どうしても産みたい」と、女性のほうが希望して、40代になってから2人出産したという例もあります。仕事に子育ても加わり、目の回るような忙しさだということですが、産んでよかった、と生き甲斐を感じているそうです。

 

 

 

将来のプランづくりが大切に

 

40代で出産のことを考え始めた際に、多くの女性が「子どもが成人したら私は60代だから体力的にも心配」ということを口にします。これから子どもにお金がかかったら老後資金の準備ができるかも心配だと。結婚した後子どもを授かるかどうかは自分で決められることではないのですが、もしも授かったらどんなところに住み、どんな風に子どもを教育するかということも含め、将来を考えることは必要です。

 

いろいろ心配は付きないとは思いますが、実際に40代で出産した女性たちは、寝る時間もないほどの忙しさで大変だ大変だと言いながらも、楽しそうに子育てをしています。彼女らは「案ずるより産むが易し」だと言っていましたが、そういうところはあるのかもしれません。

 

記事の冒頭に出てきたEさんは、先日、年下の彼と入籍しました。「結婚相手はあなた以外考えられない」という彼の言葉が決め手でした。「子どもが欲しくて結婚するんじゃない、あなたと結婚したいから結婚するんだ」という彼の言葉が、背中を押してくれたのです。結婚は、まずは、大好きな人と一緒に暮らすというところから始まるのですよね。

 

 

連載 ご縁を引き寄せる40代女性の恋活道

関連する投稿

ライタープロフィール

内藤 みか

内藤みか

ないとう みか

作家/脚本家/イケメン評論家。山梨県出身。
『イケメンと恋ができる38のルール』(ベストセラーズ)、『年下オトコ×年上オンナ』(ゴマブックス)など著書80冊以上。
ラジオドラマ脚本『婚活バスは、ふるさとへ』(YBS)で文化庁芸術祭優秀賞&日本民間放送連盟賞優秀賞。
舞台脚本『男おいらん』はマンガ化や小説化も。イケメン電子写真集『Japanese Hot Guys』ではカメラも。
「内藤みかのイケメンブログ」

http://ameblo.jp/micanaitoh/

恋サプリ新着記事一覧

  • イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

  • 理想の相手と出会うために
    まずは、自分の恋愛傾向を知ることから。

恋サプリの処方箋 一覧

恋サプリライター一覧