婚活・結婚相談ならイオングループの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

どう違うの?アラサー女子とアラフォー女性の微妙なこじらせの違い

どう違うの?アラサー女子とアラフォー女性の微妙なこじらせの違い

こじらせない!素敵な大人女性になる方法【第5回】

同じこじらせジャンルでも、アラサーとアラフォーでは周囲の視線や対応に違いが生じます。その理由とは何なのか?そして上手な対処法とは?

 

アラサーは「あえて」アラフォーは「マジで」

 

こじらせている女性は大きく2つに分かれます。こじらせを改善したい人と満足している人です。後者のほとんどはアラサーです。なぜかというと、アラサーは世の中において結婚世代とよばれる年齢です。とはいえ、女性もバリバリ仕事をして晩婚化が進んでいる時代。「まだ自分だけの時間を満喫したい」「結婚についてあれこれ言われたくない」という女性にとって、こじらせは都合の良い言い訳にもなるもの。周りからも、あえてかな?という目で見守ってもらえます。

 

それに対して、前者のほとんどはアラフォー女性です。こじらせというバリア機能は、年齢とともに低下します。こじらせ感に信憑性が出てくると、あえてが「マジで」に変わります。アラサー時代と同様に、こじらせを盾にすることは難しく、周りの目も冷ややかなものに変わります。すると、自ずと改善を望むようになる傾向が。

 

 

 

一番大きな違いは周りの目?

 

悲しいかな、こじらせ女性のほとんどは「自分がどう見られているか」ということを過剰に意識しがちです。そして、アラフォーになった時に感じる焦燥感は、それが大半と言っても過言ではありません。こじらせ女性に向ける世間の目は、確かにアラサーとアラフォーでは違います。それは、単純に年齢的なものがほとんどです。「この年齢になって、まだそんなこと言ってるの?」というのがアラフォーに向けられる視線です。

 

そこで「だって、そうだもん!」と開き直ることができれば良いのですが、そもそもそんなにハートが強ければこじらせたりしませんよね。でも、自意識過剰が故に必要以上にコンプレックスを膨らませていませんか?確かに周りの視線は変わりますが、そんなことは微々たる変化です。他人は、そこまでこじらせアラフォーを意識していません。むしろ、一番大きな違いは、周りよりも「反応を気にしすぎてこじらせが悪化する自分自身」だったりするものです。

 

 

 

明るさVS悲壮感

 

前出のとおり、アラサーとアラフォーでは、本人の「こじらせの受け止め方」に変化が起きます。それを表面的にあらわしているのが、悲壮感です。例えば、アラサー時代は笑いにできた「私、ヲタなんで結婚とか無理っす」という自虐めいたセリフや「恋愛かー、出会いがあればねー」という強がりも、「アラフォーにもなってこんなこと言ったら痛いかな…」という不安が先走ってうまく言えなくなります。本人の反応が、曖昧だったり濁してばかりだと、相手もそこに触れにくくなります。そして、なんか可哀想だからこじらせアラフォーはイジれない。という腫れ物を触るような結果になるのです。

 

アラフォーを境に、明るさが悲壮感に一転するのは、こじらせあるあるの一つだと思います。確かに、いつまでも開き直って笑いに変えるというのは難しいかもしれません。でも、アラフォーにはアラフォーの良い対応があるはずです。無理に明るくせずに、必要以上にナイーブにならずに「遅れをとってはいるけど、結婚はしたいよ」「焦っていないといえば嘘になるけど、アラフォーだからこそ慎重にもなるよ」と素直な言葉で話すのが、最もスマートな対応ではないでしょうか。

 

 

 

聞く耳を持てるか持てないか

 

正直言って「なんで結婚しないんですか?」というセリフほど鬱陶しいものはないかもしれません。本心では、放っておいてほしい・関係ないじゃん。と思っていても不思議ではありません。特に同世代の同性からの同じセリフは、どことなく上から目線のセリフに聞こえることがあるため、ことさら嫌気が指すものだと思います。でも、シャットアウトだけはしないようにしましょう。

 

「婚活しなよ」とか「子どもはどうするの?」とか、うんざりするような言葉でも、顔や態度で全力拒絶した途端に、誰にも何も言われなくなります。それは「アラフォーだし十分な大人だもんね」という尊重の部分と「じゃあ勝手にしなよ」という見放すに近い部分があり、大半は後者で腫れ物の決定打でもあります。無駄な強がりは、相談できる相手を減らすだけでなく、自分自身を頑固なアラフォーへと導きます。聞き流すでも構わないので、耳を貸す余裕だけは持つようにしましょう。

 

 

 

 

連載 こじらせない!素敵な大人女性になる方法

関連する投稿

ライタープロフィール

山口 美香

山口美香

広告代理店勤務を経てフリーのライターをしています。
こじらせながらも、結婚・出産を経てきました。
立派な恋愛はしてきておりませんが、ダメな恋愛経験値は高めです。
バツイチ結婚歴2回・同居歴2回・ダメ男歴7年のライトな黒歴史を生かして、
綺麗ごとではなく現実的な参考例やエピソードをお届けしていきたいと思います。

恋サプリ新着記事一覧

  • イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

  • 理想の相手と出会うために
    まずは、自分の恋愛傾向を知ることから。

恋サプリの処方箋 一覧

恋サプリライター一覧