婚活体験談

婚活の秘訣がつまった、ツヴァイ体験者の声をご紹介します。

  • このエピソードをシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE

3年間の婚活期間を経て自信をなくしたまま入会したら、1ヶ月でマッチング。2人なら、「一緒にいるだけで、どんなことでも笑い合えます」

出会った2人の関係が恋愛に発展するかどうかは、縁や相性に大きく左右されるものです。そのため、婚活をはじめても、すべての出会いが次の段階へと進んでいくわけではありません。そんな中で、「素敵な人となかなか出会えない」「出会えても、思ったように進まない」と婚活疲れを感じている人も多いのではないでしょうか?

福島県のMさんも、ツヴァイに入会するまではそんな婚活疲れを感じて、自信をなくしていた女性の1人です。ですが入会後1ヶ月も経たないうちに結婚相手となるRさんに出会い、さらに1ヶ月後にはRさんからプロポーズを受けたそうです。「一緒にいるだけで楽しい」と言うお2人に、婚活をはじめる前のことと出会ってからのことをお伺いしました。

「いい人なんて現れないかもしれない」と自信がないままツヴァイに入会

お2人とも、ツヴァイに入会する前から婚活はされていたのでしょうか?

順番に結婚していく友だちの姿がうらやましくて、25歳ごろから婚活サイトを利用したり、婚活パーティーに行ったりと婚活はしていました。それを3年間続けたものの、そういった場所で出会う男性は結婚への本気度が感じられない人ばかりで、「時間とお金がもったいない」と感じるようになったんです。

僕もツヴァイに入会する前は、婚活パーティーによく参加していました。だけど、残念ながらお付き合いにいたるまでの女性には出会えなくて。それで、家から近いところにお店があったツヴァイに入会しました。

実は私も、彼が入会した2016年10月ごろに、「成婚料がなくて、20代だと入会初期費用が安いから」という理由で1度ツヴァイに入会しようとしたんです。

そのとき入会されなかったのには、何か理由があったのでしょうか。

その頃は婚活があまりにうまくいかなかったことで男性に不信感しかなく、入会しても活動する自信が持てなかったんです。だけど、結婚相談所以外のサービスを利用して婚活していても進展がないので、余計に疲れてしまって。「もう婚活を終わらせたい!」と藁をもつかむ思いで、2018年4月に入会することにしました。

僕はツヴァイに入会してすぐ、いろいろな方と出会えたことに満足して「もっと自分に合う人が現れるんじゃないか」と受け身の姿勢でいたら、活動期間がどんどん伸びていってしまったんですよ。Mちゃんは、どんな気持ちで活動していたの?

私は入会後も男性を信じられないままだったから、「本当に結婚できるのかな?」と疑うような気持ちで活動していたよ。だから「出会えたとしても、うまくいかなかったらどうしよう」といつも不安だった。でもそんなとき、彼と出会ったんです。

どんな方法で出会われたのでしょうか?

いろいろな項目で相手の価値観を知ってコンタクトできる、「価値観マッチング」を通して出会いました。彼とはマッチング後から初対面まで、1ヶ月くらいメールで連絡を取っていました。その中で「彼は他の男性とは全然違うな」と感じたんです。それまで婚活で出会った男性は、メールをくれても短文の人が多くて。だけど、彼のメールは長文でとても丁寧でした。何より、返事をちゃんと返してくれる。そういうメールに「大事にしてくれそうだな」と心動かされて、彼のことをもっと知りたくなりました。

僕のほうは、彼女が自分に興味を持ってくれているのかどうか、分からずにいました。メールの返信が2日間なかったときは、「体調が悪いか、忙しいのかも。いや、他にいい人が見つかったのかもしれない……」とかなり焦りましたね。

実はそのときは、「彼は絶対にモテるだろうから、私に振り向いてくれるわけがない」と思って連絡するのを控えていたんです。そうしたら彼が、「会いませんか?」とメールをくれました。

マリッジコンサルタントの一言が後押しになって「この人を絶対に逃したくない!」と次のデートへ

するとお2人がはじめて会ったのは、いつ頃だったのでしょう。

はじめて彼女に連絡をしてから1ヶ月後の4月です。福島県の郡山市にあるイタリアンレストランで会うことになったのですが、僕はそのときすごく緊張していて……。

照れて緊張している彼の姿を見て、「私がこの場をなんとかしなくちゃ!」と思いました。それで自分の緊張は吹き飛びましたね(笑)。でも自己紹介した後は、ずっと笑って話していたよね?

うん。4時間くらい話し込んでいて、気づいたら周りのお客さんが誰もいなくなっていたよね。僕は婚活でそれまで出会った人とは、初対面から楽しい雰囲気になることがなかったんですよ。だから初対面から笑い合えて、「ずっと一緒にいられるな」と感じた人は、彼女がはじめてでしたね。

私も、気遣いながら接してくれる彼に対して、「自分にはこの人しかいない!」とビビッときていました。

初対面から順調だったんですね。2回目のデートはどちらから?

私のほうから誘いました。初対面のときに、「彼のことは逃したくない!」と思ったんです。次の約束がなかったので不安だったし、「モテる人だろうな」と躊躇しそうにもなりましたが、担当のマリッジコンサルタント(MC)の方に「そう思うのなら逃さないほうがいいですよ。どんどんアプローチしてみてください」と背中を押してもらったことで、すぐに次のデートにお誘いすることができました。

実は、彼女と僕のMCさんは同じ方なんですよ。

そうそう。彼とマッチングしたときも、「Rさんはいい方ですよ」とMCさんが後押ししてくれたおかげで、彼と安心して会えました。はっきりとアドバイスしてくれる、お母さんみたいな存在の方だったので、とても相談しやすかったです。

そんな偶然があったんですね! それで2回目のデートはどうでしたか?

5月のゴールデンウィークに、福島県にある水族館「アクアマリンふくしま」に行きました。帰り道は4時間くらい渋滞にハマってしまったんですが、車内で話すのが楽しくてあっという間に時間が過ぎました。

渋滞も含めて楽しかったよね。そんなふうに一緒にいるのが楽しかったので、彼と付き合いたいと思いました。だけどやっぱり、「付き合えるわけがない」と思って自分に自信が持てなくて。

そうしたら渋滞の中運転していた彼が、「隣に大切な人を乗せているんだから、安全運転しないとね」と何回か言ったんです。彼は私のことをどう思っているんだろう、と気になって仕方ありませんでした。

僕も付き合いたいと思っていたので、運転しながら「告白のタイミングを逃したらいけない」とずっとドキドキしていました。それで途中で意を決して、「付き合ってください」と彼女に伝えました。

そのときはまさか彼から告白されるとは思っていなかったので、夢を見ているような気分で「はい」と応えたことを覚えています。

彼女が告白をOKしてくれて、僕も夢を見ているんじゃないかと思ったほどうれしかったです。付き合うことになった後、彼女が帰らないといけない時間が迫っていたんですけど、「もう少し一緒にいたい」と思って、その日はじめて彼女と手をつなぎました。

大きなケンカをしても「この人とずっと一緒にいたい」と思えました

お付き合いがはじまってからは、どんなデートを?

公園でのんびりするデートが好きで、5月の半ばには今日来ている「平成記念郡山こどものもり公園」に行って、2人で何枚も写真を撮りました。何気ない会話でも、彼となら笑い合えるんです。

デートを重ねる中で、彼女とは「これからもずっと一緒にいるんだろうな」と感じました。そのとき彼女は7月の半ばに足の手術をすることが決まっていて、「少しでも先が見えたら手術をがんばれる」と言われたので、結婚しようと決めました。それに、彼女となら何があっても楽しく暮らしていけると思ったんです。

公園でデートしていたときに、「プロポーズはちゃんとしてほしい」と私が伝えたら、彼が正式にしてくれたんです。

「俺は結婚したいと思っているよ。結婚してくれる?」と彼女に伝えたら、彼女が「お願いします」と泣きながらうなずいてくれて、うれしかったですね。

彼とは付き合っているだけでも夢のようだったので、プロポーズされたことがうれしくて、思わず泣いちゃったんです。自分に自信がなかったので、人生でまさかプロポーズされる日が来るとは思わなくて、舞い上がりました。ただその後大きなケンカをしたので、「私たち大丈夫なのかな」と心配になったときもあって……。

ケンカのきっかけは何だったのでしょうか。

手術をすることが決まって気持ちが不安定になった私が、彼にいろいろと言ってしまったことが原因です。そのときは、「自分の体のことで彼に迷惑をかけてしまったらどうしよう」という不安から、お見舞いに来てくれた彼と3時間ずっと言い合いをしてしまったこともありました。

そうやってケンカをしても僕はやっぱり彼女が好きだから、こうやって一緒にいられるんです。彼女からも、僕を「好き」という気持ちが伝わってきますし。だからこれから何が起きても、彼女とならお互いに協力して乗り越えられるんじゃないかな、と思っています。

そうだよね。今考えると、「どうしてあんな小さなことでケンカしたんだろう?」と思うこともあるけど、それはお互いの将来を真剣に考えているからで。実際に彼とケンカしてぶつかっても、やっぱり一緒にいたいと思ったので、この先も一緒にいるべきなんだと思っています。もしケンカもせずに上辺だけで笑っている2人だったら、逆にもっと不安だったかもしれません。

ケンカを乗り越えたからこそ、今のお2人があるんですね。これからどんな家庭をつくっていきたいですか?

子どもができたら、一緒に幸せな家庭を築いていきたいです。彼女とだったら何をしていても、ずっと一緒に笑い合える家庭になると思っています。

私も彼と同じで、毎日を楽しく過ごしていきたいです。楽しいことを共有しながら、ずっと笑っていられるような、賑やかな家庭が理想ですね。

これから婚活する方へ

  • 婚活は諦めたら、そこで終わりだと思います。自分の素直な気持ちをきちんと伝えて、その気持ちを受け取ってくれる相手に出会っていただきたいです。僕も勇気を出して気持ちを伝えたら、彼女が振り向いてくれました。

  • 最初から諦めないでほしいと思います。私はツヴァイに入会する前から、「結婚相手になんて出会えないかもしれない」と思い込んで、諦めることしか頭にありませんでした。だけど勇気を出して一歩を踏み出して、本当に良かったです。

(2018年10月14日取材)

希望条件のマッチング結果を入会前に見てみませんか?

まずは無料シミュレーションを体験

  • このエピソードをシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE

ツヴァイおすすめのサービスを積極的に利用してご成婚へのステップにしましょう!

  • 条件マッチング
  • 価値観マッチング
  • メッセージによる出会い
  • パーティー