バツイチで再婚しても幸せに!
体験談まとめ

離婚率がおよそ3分の一に達する昨今、バツイチから婚活をスタートして結婚にたどり着く人も少なくありません。経験を重ねてきたからこそ、自分とお相手の相性をしっかり見て判断できたり、以前の結婚生活よりはるかに幸せになっている人もたくさんいます。

この記事では、実際に結婚相談所ツヴァイを通して幸せな再婚を果たした体験談を紹介。実際の体験談だからこそ、リアルに学べる点があります。バツイチの方はぜひこの記事を読んで、結婚に新たな希望を持てるようになれれば幸いです。

 

<目次>

1.お互いバツイチ子持ちで結婚した体験談

2.バツイチ熟年世代でも幸せを掴めた体験談

3.別れの危機を乗り越えた子持ちシングル同士の体験談

4.幸せな再婚をした体験談からこそわかること

 ①価値観が合う相手が一番

 ②第一印象は当てにならない

 ③気が合う相手との会話は苦痛じゃない

5.再婚して幸せになったバツイチさんたちに学ぼう

 

1.お互いバツイチ子持ちで結婚した体験談

まずはお互いがバツイチで子持ちの状態から再婚にたどり着いたカップルをご紹介。

ともに42歳のIさんとRさんは、ともにバツイチ子持ちで婚活をスタート。Rさんは離婚後、もう男性を好きになることはないと思っていたようですが、風の噂で元夫に交際相手がいることを聞きつけ、自分だけ未来への可能性を閉ざしていることがバカらしくなったことが婚活をスタートしたきっかけ。ツヴァイ を通して婚活を成功させた友人がいたことを思い出し、試しに来店してみたその日が入会金無料キャンペーンの最終日。まさにすばらしいタイミングで、ツヴァイに入会しました。

お相手のIさんは離婚後、もっと人生を豊かにしたいという思い、そして今まで経験のないことにチャレンジしたいという思いからツヴァイで婚活をスタートさせたそう。40代からの婚活は、ハードルが高いのでは?という思いから結婚相談所に足を運んだそうです。

実はお互い、婚活をお休みしていたタイミングがあるこのお二人。身構えてしまったり、数ヶ月続けてもなかなかいいお相手に出会うことができなかったりして、休会していた二人が、婚活を再スタートさせたタイミングの一人目でお互いに出会います。

再開したばかりだったからこそお互いに「会ってみようかな」となったお二人。最初はファミリーレストラン、そして2回目はフードコートでお話ししたそうですが、なんと2回とも10時間以上おしゃべりが止まらなかったようなのです。そんなお相手、なかなかいないですよね。運命を感じたおふたりは、3回目にはIさんのほうからプロポーズ。話題に事欠かなかったのは、お互いが長い結婚生活を経験し、子育てにも苦労したからこそ。価値観がとても近く、共通点が多いお二人は、ときには「結婚生活あるある」でお腹を抱えて笑うこともあったそう。

そんなお二人の結婚の決め手になったのは、なんと価値観マッチングで「趣味がない」ことがわかったから。何かに打ち込むような経験がないおふたり、さらにお子さんもいることから、趣味があるより落ち着いた時間を共有できる人に巡り合えたことが結婚への後押しに。Iさんはお子さんと離れ離れになってしまった経験があるからこそ、Rさんの娘さんとの時間の大切さも理解できる、まるで以前から一緒にいたかのような素敵なカップルが誕生しました。

 

出会って3日でプロポーズ。お互い再婚・子持ちだからこそ見つけられた「最高のパートナー」

 

2.バツイチ熟年世代でも幸せを掴めた体験談

続いては、57歳のTさんと49歳のMさんの熟年カップル。年齢は婚活において不利なポイントにもなりかねませんが、なんとお二人は入会から1ヶ月で結婚を決めたというのです。

お二人は互いに結婚していた経験があり、さらに離婚後にも長年交際した方がいた点も共通しています。そんなパートナーとお別れした後、周囲にシングルの方が少なくなってきた年齢のタイミングで婚活をスタート。Mさんはお母様からツヴァイをおすすめされたこと、それに独身証明書の提出が必須なことなど、ほかの相談所とくらべて安心できる要素が決め手になったよう。Tさんもいくつか婚活サービスを比較する中で、会員数の多さ、そしてなによりマリッジコンサルタントの熱意を決め手に、ツヴァイ に入会されたそうです。

最初は大規模なパーティーがあれば必ず参加していたというMさん。しかし、パーティーには遠方から足を運んだ方なども多く、なかなか一人の方と長くお話しする時間が取れなかったり悩みもあったそう。ご両親からの結婚へのプレッシャーもあり、年齢の幅を広げるなど少し婚活のやり方を見直したタイミングでアプローチしてくれたのがTさん。Tさんは成人したお子さんがいることから、条件面や価値観を重視するタイプのマッチングを利用しており、そこで目についたのがMさんだったようです。

お互い共通の趣味のテニスがあることに加え、Tさんのプロフィールは文章力が巧みでとても魅力的。この方なら、と思い、連絡をとりはじめました。

忙しいTさんの都合上なかなか初デートができなかったおふたり。そのぶん、メールや電話では頻繁にやりとりし、仲が深まってから初デートは日帰りで温泉旅行へ。実はお互い、初対面でお相手の外見はタイプではないな…と感じたそうですが、今までのやり取りから好感をもっていたこと、Tさんの巧みなエスコートや話しが弾むトークでお互いを好印象に思い、Mさんは「体型をなんとかしてくれるなら」と、結婚を前提に交際をスタートさせたそうです。

MさんにとってTさんは自分の知らない世界を見せてくれるような大人で魅力的な人。そしてTさんにとってもMさんは自分を頼りにしてくれるかわいい相手。さらに、お互いの以前の結婚相手が寡黙でなかなか会話が続かない方だったということも共通し、話上手なおふたりはご両親からも好印象を持たれ一気に結婚を後押しされることになったとのこと。

アクティブで行動的な部分が共通するおふたり。今後も、二人で楽しい時間をシェアしていきたいと考えているそうです。

 

「お互いにバツイチで熟年世代でも、素敵な相手が見つかりました」 同じ趣味を持つアクティブな2人は、出会いから3ヶ月で結婚を約束

 

3.別れの危機を乗り越えた子持ちシングル同士の体験談

お互い50代のHさんとCさんは、実はさほど結婚に対して意欲的ではなかったといいます。ただ、ツヴァイの「恋愛傾向診断」をきっかけに店舗に足を運ぶことになったというおふたり。店舗での担当者の熱心な態度や、周囲の後押しもあり、入会を決めます。Hさんはお子さんが独立し、今後の人生をひとりで生きるべくか考え直すタイミング、そしてCさんはお子さんが3人いる自分を受け入れてくれる人がいるのなら、と、アプローチをくれた人の中から出会ったのがHさんだったそうです。

コンタクトを取って最初のデートはなんとクリスマスイブ! デートはドライブでしたが、夜景スポットまでの道は渋滞で6時間カンヅメ状態。それでも、会話が途切れず楽しく話せたことから、Hさんはすぐに真剣交際を申し込んだそう。ただ、Cさんはその言葉を「重いな(笑)」と受け流したものの、デートを重ねたり、Cさんの3人のお子さんを含めた食事などで関係性を深め、「お付き合いをするならこの人だな」と意思をかためていったそうです。

しかし、二人には破局の危機が。Cさんが以前お付き合いしていた人とのいざこざから、結婚や交際への前向きな気持ちを失ってしまい、お別れを伝えようとしたところ、諦めきれないHさんからの猛アプローチが。実は「手をつないで一緒に歩きたい」という共通点があることを事前に共有していたおふたり。Cさんは戸惑いもあるまま、連絡を続け、お子さんを交えたデートではじめてふたりは手をつなぎます。そのとき、本当の家族みたいだと感じたというCさんの気持ちは少し前向きになり、結婚へと前向きに意思が変わるようになったそうです。

とても優しく、ありのままのCさんを受け入れてくれるところが魅力的だというHさん。そんなHさんの前では、自然体でいられるCさん。お子さんのこともあり、実際に結婚や同居をするのはまだ先になりますが、ふたりの中には共通した幸せな家庭像が。ふたりなりのゆっくりなペースで、今後も明るい家庭を築いていけそうです。

 

子を持つシングル同士のお相手探し。「この人となら自然体で暮らしていける」と出会って3ヶ月で結婚を約束

 

4.幸せな再婚をした体験談からこそわかること

数々の体験談をご紹介しましたが、その中にもたくさんの共通点があります。バラバラのカップルが幸せにゴールインを迎える結果になったのは、以下の点があったからこそ。

 

価値観が合う相手が一番

体験談を読んでも、バツイチ同士だからこそ、離婚での反省を活かして価値観が合う相手を探した人が多かったですよね。一度「失敗」しているからこそ、結婚に対しての思いはさまざまですが、離婚経験が共通しているからこそお相手の境遇が理解でき、意気投合しやすいです。また、結局価値観が合わなければ関係性がうまくいかないことを深く理解していることもバツイチシングル同士のポイント。お互いを理解することを優先的に考えられるからこそ、結婚がうまくいっているといえます。

 

第一印象は当てにならない

見た目がタイプだから、など軽い理由ではなかなか恋愛に気が向かないのがバツイチ。関係性を構築するには内面が大切なことを深く理解しています。見た目を度外視しても、メッセージや電話、デートしてみての印象を重視したからこそぴったりくるお相手と巡り合えているのが上記カップルの特徴。長い時間を過ごす夫婦だからこそ、第一印象だけですべてを判断しなかったことがうまくいったポイントです。

 

気が合う相手との会話は苦痛じゃない

初対面でも自然と会話が盛り上がったカップルが多いのも、今回紹介したカップルの特徴。フィーリングが合う相手であれば、初対面での会話もまったく苦痛ではありません。さらに、会話が楽しい相手であるうえ、沈黙も苦しくないとなれば相性はばっちり。初対面だけではなく、何度会っても相手に話したいことがあるような関係性であることは、夫婦関係を円満にする秘訣とも言えます。

 

5.再婚して幸せになったバツイチさんたちに学ぼう

再婚でも幸せになれるという事実は、婚活のモチベーションを上げてくれます。どんな条件や年齢の人にも平等にチャンスがあり、フィーリングが合うお相手は必ずいるもの。ただし、幸せな再婚を掴んだ人は「まずは会ってみよう」という行動力がある人であることも重要なポイント。再婚への意欲が湧いてきたなら、まずは軽い気持ちでもいいから行動してみるのが大切です。そこで不安な思いをしても、幸せになったカップルがこれだけたくさんいるという事実を忘れず、意欲的に婚活に励んでいきましょう。

 

マッチング対象者数9万人
日本最大級の結婚相談所ツヴァイ

ツヴァイは創業38年。
これまで多くのご成婚を育んできました。
会員数が多いこそからできるデータマッチング型のご紹介と、アドバイザーがお見合いのご調整からご成婚までサポートする仲人型のご紹介で、あなたの幸せなご結婚をお手伝いします。

※2021年4月時点ツヴァイ会員と日本結婚相談所連盟の会員合計

  • 日本最大級9万人が活動中。
  • アドバイザーがお見合いのご調整からご成婚までサポート。
  • お見合い調整やお気持ちの橋渡しもおまかせ。
  • 全国50店舗のネットワーク。
  • 会員限定のパーティーも充実。

結婚相手と出会うなら、
結婚相談所ツヴァイでの活動をご検討ください。

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する