30歳の独身女性が結婚する確率は?
結婚するポイントと婚活方法

30歳独身女性は多く、結婚できる可能性も比較的高いと言えます。ただし、年齢を重ねるごとに結婚できる確率は下がっていくため、結婚したい希望がある方はできるだけ早く婚活を始めましょう。

 

<目次>

1.30歳の独身女性は珍しくない

2.30歳の独身女性が結婚できる確率は35.5%

3.男性が結婚相手に求めるものって?

4.30歳独身女性に向いている婚活って?

 ①友人の紹介

 ②マッチングアプリ

 ③婚活パーティー

 ④結婚相談所

 

1.30歳の独身女性は珍しくない

30歳の独身女性の未婚率は高く、2015年の国勢調査では30~34歳女性の34.6%となっており、30~34歳女性の3人に1人以上が未婚であることから、30代の独身女性は珍しくないことがわかります。30歳であれば、年齢が若い分、未婚率はさらに高くなるでしょう。

また、2020年の「人口動態統計」によれば、日本女性の平均初婚年齢は29.4歳となっており、30歳で未婚であることは決して遅いわけではありません。

 

参考:

厚生労働省「平成27年国勢調査」(https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka.html)

厚生労働省「令和2年度人口動態統計」(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai20/dl/kekka.pdf)

 

2.30歳の独身女性が結婚できる確率は35.5%

30歳の独身女性が結婚できる確率は比較的高く、国勢調査の結果を元にしたデータでは30歳女性が5年後に結婚している確率は35.5%と、3人に1人以上が結婚している結果が出ています。

一方で、35歳の独身女性が5年後に結婚している確率は21.5%と、30歳時と比較して10%も下がってしまいます。このことから、結婚したい希望がある方は、早めに行動することが大切です。

 

参考:

厚生労働省「平成27年国勢調査」(https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka/pdf/gaiyou1.pdf)

 

女性が結婚できる確率はなぜ年齢とともに下がるの?

 

同年齢婚が最も多いから

2021年の厚生労働省の調査によれば、結婚相手との年齢差で最も多いのは、同年齢での結婚(19.9%)で、およそ5人に1人が同い年のお相手と結婚しています。

次いで多いのが、夫が1歳年上の夫婦(13.8%)、夫が2歳年上の夫婦(10.0%)、妻が1歳年上の夫婦(9.6%)と、いずれも1~2歳の年齢差の範囲で結婚していることがわかります。未婚者の数は年齢を重ねるごとに減っていくため、同年代の方と結婚したい方はとくに結婚できる確率が小さくなっていくのです。

 

参考:厚生労働省「第6表 初婚夫妻の年齢差別にみた婚姻件数・構成割合の年次推移」

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/marr6.html

 

男性は自分よりも若い女性を好みがちだから

男性は自分よりも若い女性を好む傾向にあります。厚生労働省の調査では、夫が妻よりも年上の夫婦が全体の56.3%を占めています。したがって、年齢を重ねた女性は、自分よりも年上の男性との結婚がだんだんと難しくなっていくのです。

また、結婚相談所ツヴァイのカウンセラーによれば、お子さんがほしいと考えている男性は、30代までの女性を希望される方が多くいらっしゃいます。妊娠・出産を希望される女性はとくに、早めに婚活を始めたほうがよいでしょう。

 

参考:厚生労働省「第6表 初婚夫妻の年齢差別にみた婚姻件数・構成割合の年次推移」

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/marr6.html

 

3.男性が結婚相手に求めるものって?

内閣府の調査によれば、20歳から39歳までの未婚かつ結婚願望がある男性が「結婚相手に求める条件」(複数回答可)として多かったのは、上から順に「価値観が近いこと」(72.2%)、「一緒にいて楽しいこと」(67.8%)、「一緒にいて気を使わないこと」(65.7%)、「金銭感覚」(35.3%)、「容姿が好みであること」(35.3%)でした。

「価値観の近さ」や「居心地の良さ」が7割近くを占めていることから、自分に合ったお相手を見つけられるかどうかが、結婚できるかどうかのカギになると言えるでしょう。

 

4.30歳独身女性に向いている婚活って?

年齢を重ねるごとに結婚できる確率が下がっていくことから、30歳独身女性は効率の良い婚活をすることが大切です。

 

友人の紹介

友人の紹介で結婚した夫婦は多く、2015年の国立社会保障・人口問題研究所の調査では「友人・兄弟姉妹を通じて」出会った夫婦は全体の30.9%に上ります。30歳であれば、独身の男性も比較的多いため、友人に紹介してもらったり、飲み会を開いてもらったりしやすいでしょう。

ただし、友人に紹介してもらえるお相手の数には限りがあるため、他の婚活方法と並行して進めたほうが理想のお相手に出会える確率が高まります。

 

参考:

国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」(http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/gaiyou15html/NFS15G_html11.html)

 

マッチングアプリ

マッチングアプリは、出会いを求める方同士にプロフィール・メッセージの交換を通じて出会いの場を提供することです。登録会員数が多いのが特徴で、多くの会員の中からお相手を探すことができます。

女性の利用料金が無料となるアプリもあり、手軽に始められる一方で、プロフィールの作成からメッセージのやりとりまで自力でこなさなければいけません。より多くの会員の中からお相手を選びたい方や、自力でのアプローチが負担にならない方に向いている婚活方法です。

 

婚活パーティー

婚活パーティーは、出会いを求める方が集まるパーティーです。参加者が1対1で個室で話す「個室形式」や、100人規模のお相手に自己紹介して回る「大人数形式」など、種類がたくさんありますが、いずれも一度にいろいろな方と会えるのが特徴です。

また、「年収〇〇円以上」「〇〇歳限定」といった条件が定められたパーティーに参加すると、条件に合ったお相手に出会いやすくなります。利用料金の相場は1回あたり3,000~5,000円程度です。

事前にメッセージのやりとりをする必要がないため、まずたくさんの人に会ってお相手を決めたい方や、短時間でお相手を見極める必要があることからインスピレーションを大切にしたい方に向いています。

 

結婚相談所

結婚相談所は、結婚したい方同士に出会いの場とサポートを提供するサービスです。入会審査があることや独身・収入証明書の提出が義務付けられていることから、結婚への真剣度が高い方が集まりやすい傾向にあります。プロフィールを事前に開示し、希望条件が合う人とだけお見合いできるため、フィーリングが合えば真剣交際に発展しやすくなるのも特徴のひとつです。

利用料金は、入会金5~20万円、月会費1~2万円のほか、結婚するお相手に出会えた際に支払う成婚料5~20万円が設けられている相談所もあり、一定の費用が必要となります。

婚活のプロのサポートがついているため、サポートを受けて婚活を進めたい方や、結婚への真剣度が高い方と出会える確率を高めたい方には向いている婚活方法と言えるでしょう。

 

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する