「彼氏いない歴=年齢」の女性が恋愛したいときこそ
結婚相談所がおすすめな理由

この時代、世の中の全員が恋愛しなければ! という世の中的な圧力は昔に比べかなり弱まっています。40~50代にも交際歴のない方がたくさんいますから、「彼氏いない歴=年齢」の女性は全く珍しくない存在。でも、彼氏がいたことがないことをコンプレックスに思って恋愛がしたい!経験してみたい! と思っている女性も多いですよね。

そんな女性にこそ、実は結婚相談所がおすすめ。アプリやその他の恋活サービスより相談所がおすすめな理由と、「彼氏いない歴=年齢」の女性の共通点を紹介します。

 

<目次>

1.「彼氏いない歴=年齢」の女性の共通点

 ①自分からアプローチできない

 ②男性に対するガードが固い

 ③本当に好きじゃないと付き合いたくない

 ④男性との出会いがない

 ⑤自分にどんな男性が合うのか分からない

2.「彼氏いない歴=年齢」の女性こそ結婚相談所がおすすめ

 ①婚活のプロからアドバイスがもらえる

 ②男性からアプローチしてもらえる

 ③身元が確かで結婚願望のある男性しか登録していない

 ④仮交際のシステムがある

 ⑤自分に合いそうな男性を紹介してもらえる

3.女性からのアプローチは婚活成功のカギ!

 

1.「彼氏いない歴=年齢」の女性の共通点

いままで彼氏ができてこなかった女性はたくさんいますが、その方達にはある一定の共通点があることが多いです。もちろん人それぞれ理由はありますから全てに当てはまることはないとは思いますが、恋愛をしてみたいのであれば自分にはどんな特徴があるのかを把握し、対策を考えることで彼氏を作り、成婚するルートに近づいてゆくことができます。

 

自分からアプローチできない

まずは代表的な特徴です。彼氏いない歴=年齢の女性でも、恋愛をしたい気持ちがあれば、好きな人ができたり、ときめいたりキュンキュンするような出来事があったりする経験がある人は多いはず。ただ、その恋愛がなぜ成就しなかったのか? といえば、消極的で、自分から告白したりデートに誘ったりすることができないことが大きな理由になっている場合が多いです。

恋愛というのは男性がリードしてくれるもの! という思い込みを持っていたりして、恋愛に対して常に受け身の姿勢をとってしまうような女性は、ここぞというチャンスやタイミングがあったとしても自分から好意を示すことができず、相手からの好意が多少あってもカップルとして成就するチャンスを逃してしまうことがパターン化していたりします。

 

男性に対するガードが固い

よくあるのは、男性との交流の機会が少なく、男性に対する警戒心が強すぎることから恋愛に発展しづらいパターン。男性と女性は違う生き物として捉えていたりして、ちょっとした言動を過剰なほどマイナスにとらえてしまう人は、なかなか恋愛のステップには進みづらいです。

また男性のことを減点方式で見ることが自分の中で習慣化していると、最初の印象からお相手への印象が上がることがなく、どんどんと気持ちが離れていってしまうこともありがち。

男と女という違いはあっても、お相手は同じ人間。過剰に警戒心を抱くのではなく、まず最初はフラットな目線から接してみましょう。

 

本当に好きじゃないと付き合いたくない

彼氏がいたことがないからこそ恋愛に幻想を抱きがち、というのも特徴の一つ。たとえ男性から強くアプローチを受けたとしても、「気になったら試しに付き合ってみよう」とは思わず、「そこまで好きじゃないから付き合えない」と思うからこそ、彼氏いない歴=年齢という現状を招いてしまっています。

彼氏がずっといなくても、「いつか自分の理想を叶える相手に出会える」と思っていたとしても、出会いのチャンスは自分から動かないと得られません。自分磨きも大切ですが、外に目を向け、相手を好きになる努力も交際にとっては大切です。

 

男性との出会いがない

また、女子校育ちなどで、今までそもそも男性との出会いがほとんどまったくない人も多いです。小学校から大学まで女子校などの女性も少なくありません。そうなってくると、日常に存在する男性はもはや家族や会社・学校などで出会う人だけ。そんな人たちに恋愛感情を抱いたり、ときめきを感じることは少なく、恋愛感度が自然と下がって低い状態のまま保たれてしまいます。

日常的に接するのが恋愛対象として見られない男性ばかりだと、ちょっとしたときめきを感じた瞬間があったとしてもそれをどう対処していいのかわかりません。幼少期や10代のころの経験は自分自身の意思だけでは変えられないものですし難しいですが、大人になった今こそまずは日常的に男性と接する機会を意識的に増やし、男性のいいところを見つけられるように自分自身を変えていく必要があります。

 

自分にどんな男性が合うのか分からない

上記してきたように、彼氏いない歴=年齢の女性はそもそも接してきた男性の数が少なかったり、深く関わった経験がない方が多いです。そのため、男性にはどんなタイプの人がいて、どんな性格の人だと自分にとって居心地が良かったり、気楽に話せたりするのかがそもそもわかっていない場合があります。テレビで見るような芸能人しかリアルな男性の姿を見たことがなければそれも当然です。自分と接した時の男性の態度がわからなければ、交際したらどんなふうになるのかのイメージがしづらいですよね。そうなると、ますますアプローチを受けた場合にも後ろ向きにとらえがち。まずは付き合ってみる、というハードルが高いのにはこのあたりにも原因がありそうです。

 

2.「彼氏いない歴=年齢」の女性こそ結婚相談所がおすすめ

では、男性と接する機会が少なく、アプローチや好意の受け取り方が苦手な女性がそれでも恋愛や結婚をしたいとき、一番効率的な婚活方法はいったいなんなのでしょうか。

実は、それが結婚相談所なんです。その理由を、いまから解説していきます。

 

婚活のプロからアドバイスがもらえる

まず、婚活において大切なプロのアドバイスを必ず受けられることが理由の一つです。結婚相談所では登録した方ひとりひとりに担当のコンサルタントがつき、婚活に関するさまざまなアドバイスをもらえます。条件の設定の仕方から、これまでの経験に寄り添ったアドバイス、さらに洋服選びや、デートではどんな態度でお相手に接すればいいのかまで、細かなアドバイスを受けられ、悩みも相談できます。結婚相談所はほかのサービスと比べて費用がかかる場合が多いですが、どんなときも支えてくれるプロがついていてくれる値段と考えれば、恋愛に苦手意識がある女性にとって計り知れないメリットがあります。

 

男性からアプローチしてもらえる

結婚相談所では、登録した会員同士をアドバイザーの目線からマッチングしてもらえます。自分の提示した条件とお相手の条件が一致すれば、「出会える」男性を一気にピックアップし、デートをセッティングしてくれるのです。

お相手からお見合いの申し込みを受けるという経験は、今まで男性からのアプローチを受けたことが少ない女性にとってはとてもうれしいことでは? 婚活サービスにおいては女性は買い手側にまわることが多く、どんな方でもマッチングがゼロということはほとんどありません。自分からのアプローチが苦手な人でも、相談所だからこそ直接的すぎないアプローチを受けられるのは素敵な体験ですよね。

 

身元が確かで結婚願望のある男性しか登録していない

結婚相談所に登録するには、入会時には独身証明や収入証明などの証明書が必須です。それはつまり、結婚している男性に騙されたり、ウソの収入を伝えられて実態は全然違うお相手だった、などというリスクがないということ。この安心感は、ほかの婚活サービスではなかなか受けることができません。さらに、アドバイザーも直接一度対面してからお相手とのマッチングを行なっている場合が多いですから、ほかの方から見たお相手の客観的な情報を事前に知ることができるのもメリットです。

結婚相談所は前述したように登録するだけでも費用がかかる場合がほとんど。つまり、会員のほぼ全員が結婚前提で参加していますから、結婚をひとつのゴールとしてとらえる場合、これ以上なく安心できるシステムなのです。

 

仮交際のシステムがある

また、多くの結婚相談所ではお見合い成立後、実際に対面した後に「仮交際」の期間を設けています。仮交際の期間中であれば他の方とのお見合いが可能だったり、いいなと思うところが少しでもある男性をキープし、深く知ることができる時間が設けられているというわけです。

ひとりやふたりの「いいな」と思う男性を見て、いきなり真剣な交際に発展するというのも、経験がなければとても怖いこと。さらに恋愛経験が少ない女性はそもそも恋愛に対する意欲がそれほどない場合も。そうなると、お見合いだけでは好意を持てない場合もありますが、仮交際の期間中にお相手を知ることで、ゆっくりと愛を育めるのが結婚相談所特有のメリットで特にお勧めできる部分です。

 

自分に合いそうな男性を紹介してもらえる

条件などで機械的なマッチングをまず行う結婚相談所が多いですが、結婚相談所によっては担当コンサルタントがハンドメイドで男性を推薦してくれるところもあります。たとえば、日本最大手の結婚相談所を運営するツヴァイではハンドメイドマッチングをおこなっており、最初に提示した条件に合わないお相手でもアドバイザーの判断で相性がよさそうであればお見合いを提案してもらえます。

何百組ものカップルを見てきたプロの目にまかせて、出会いの数を自然に増やせるのが結婚相談所。お見合いという形式は堅苦しく感じるかもしれませんが、経験がないからこそ安心感を買っていると考え、緊張感のある場面を共有することが逆にお相手との距離を縮めてくれるかもしれません。

 

3.女性からのアプローチは婚活成功のカギ!

恋愛経験が少ない女性が婚活に挑む場合、必要なのはやはり安心感。マッチングアプリやその他婚活サービスは、自分のレベルが低い状態でいきなりハードな戦いに挑むようなもの。それが荒療治になる場合もありますが、大抵は怖気付いて婚活自体への意欲が下がってしまいます。だからこそ、「安心」「安全」が保証されている結婚相談所で婚活することをおすすめしたいのです。

ただし、婚活を成功させるには積極性を持つことも大切です。アプローチを受けたお見合いをただただ数だけこなしていても、お相手にはなんの印象も残らないもの。コンサルタントはしっかりとアドバイスをしてくれますから、その都度自分を改善していきながら、いいなと思った男性がいる場合には積極的なアプローチを行うことで、成婚の可能性はぐっと高まります。

こわい、わからないなど男性に対する漠然とした不安な感情をこれ以上増幅させる前に、まずはプロに頼ってたくさんの方と出会い、自分に合うお相手がどんな人なのかを安心感の中探すのがおすすめです。

 

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する