未婚率増加の理由について
結婚相談所のコンサルタントに聞いてみた

日本では女性に比べて、男性の未婚率が高いことご存知でしょうか? 実際にまわりを見渡してみて、そう感じる方も多いかもしれません。男女雇用機会均等法が施行され35年。共働きの夫婦が増え、結婚や出産をしても働き続ける女性は珍しくなくなりました。

一方で幅広い分野で、ジェンダー問題は取り上げられ、盛んに議論されるようになっています。そういった社会背景と男性の未婚率はどう関係しているのか。この記事では、20年間結婚相談所ツヴァイで相談を受けてきたコンサルタントへの取材をもとに、なぜ男性の未婚率が高いのかを紹介していきます。

 

<目次>

1.生涯未婚率について

2.年齢を重ねると結婚したいと思わなくなっている

3.男性の50歳時未婚率が増加している理由

 ①女性と比べて婚活を始めるのが遅い

 ②食事に困らない

 ③コミュニケーションが面倒くさいと感じる人が増えている

 ④自分のお金や時間は自分に使いたい人が増えている

 ⑤女性は同世代との結婚を望んでいる

4.アラフィフ男性が結婚できる可能性はどれぐらい?

5.婚活を始めるなら1日でも早いうちに

 ①マッチングアプリ

 ②知人の紹介

 ③結婚相談所

6.迷ったときはマリッジコンサルタントに相談

 

1.生涯未婚率について

まずは、国勢調査による生涯一度も結婚をしない人のデータを示す「生涯未婚率」を紹介します。生涯未婚率は50歳の時点で一度も結婚したことがない人の割合。この数字は、1990年の調査において男性5.6%、女性4.3%と、男女差はほとんどありませんでした。

ところが、2015年の国勢調査では男性23.4%、女性14.1%と男性の生涯未婚率は急増。増加しはじめたのは2010年からで、25年の間に女性は約3倍、男性は約4倍もの割合になっています。

 

2.年齢を重ねると結婚したいと思わなくなっている

2018年に発表された調査によると、全国の15歳~39歳までの一度も結婚したことがない、未婚の1,000名に対し、「結婚したいと思いますか?」と質問したところ、「今すぐ結婚したい」が11%、「いつかは結婚したい」が67%で、合計77%が「結婚したい」と回答。

一方、「結婚したくない」と回答した人は23%という結果が出ました。

 

「結婚したくない」と回答した人の性別・年代を見ていきましょう。

 

■男性

10代:15.1%

20代:25.1%

30代:33.8%

■女性

10代:13.3%

20代:17.6%

30代:27.8%

男女ともに世代が上がるにつれて「結婚したくない」という人が増加しています。

 

3.男性の50歳時未婚率が増加している理由

では男性が50歳になったときに未婚率が増加しているのは、なぜなのかそれぞれ理由をみていきましょう。

 

女性と比べて婚活を始めるのが遅い

まず、男性は女性に比べると婚活を始める時期が遅い傾向があります。女性は年齢と出産時期を意識することから20代後半から30代前半で婚活を始める人が多く、男性はいつになってもいいと思いがちなことが挙げられます。しかし、結婚したいと思っているなら、男性でも早くに婚活を始めた方がいいのです。その理由は後ほど詳しく紹介します。

 

食事に困らない

先ほど紹介した生涯未婚率の調査が始まった1990年、国内にあるコンビニエンスストアの数は17,408店舗でしたが、2018年にはその3.3倍の58,340店舗にも及びます。コンビニに限らず、スーパーのお惣菜の種類が増えていたり、デリバリーが発達していたりすることより、自炊をしなくても24時間食べ物が手に入る現在、食事に困らないというのは結婚しない人が増えている原因かもしれません。

 

コミュニケーションが面倒くさいと感じる人が増えている

また30年前と比べて、人と話さなくても仕事が成立する職業が増えていることも未婚率増加の原因と考えられます。自分ひとりだけで仕事が成立すると、コミュニケーションを密に取る必要がなくなり、コミュニケーションが苦手な人の増加につながります。恋愛は、コミュニケーション能力が問われるもの。それを面倒だと考えると、結婚が遠ざかるのも納得の理由でしょう。

 

自分のお金や時間は自分に使いたい人が増えている

自分で稼いだお金や時間がほぼすべて自分のものにできる独身時代。それが結婚するとなると、多少個人差はあれど、お金は夫婦の財産になり、子どもが生まれるとさらに出費がかさみます。また、結婚をすれば漏れなく自分の時間は減ります。ましてや子どもが生まれれば、言わずもがな。お金や時間は自分の趣味に使いたい、できるだけ責任を持ちたくないという理由から結婚しなくてもいいという考えに至る人は多いでしょう。

 

女性は同世代との結婚を望んでいる

また、子どもを持ちたいと思っている男性は特に年下の女性を好む傾向があります。逆に女性は同世代との結婚を望む人が多い傾向があります。そこで、起きるのが条件のミスマッチ。50代の男性が20代30代の女性にこだわり続けて、なかなか成婚に結びつかないという例はよくあるそうです。

 

4.アラフィフ男性が結婚できる可能性はどれぐらい?

それでは、増加し続ける未婚の50代前後の男性が結婚できる可能性は一体どれぐらいなのか、データを元に紹介します。2015年の国勢調査データから算出した年齢ごとの「5年以内に結婚できる確率」によると、5年以内に結婚している可能性は下記の通りです。

 

30歳:男性=31.2%、女性=36.6%

35歳:男性=20.8%、女性=22.6%

40歳:男性=12.8%、女性=9.76%

45歳:男性=9.59%、女性=6.08%

50歳:男性=8.67%、女性=4.94%

年齢が上がれば上がるほど、結婚できる確率は下がっていることがわかります。だからといって落ち込む必要はありません。効率的な婚活方法を知って、年代に合ったやり方で進めていきましょう。

 

5.婚活を始めるなら1日でも早いうちに

男性女性に関係なく、若ければ若いほど可能性が広がるのが婚活ですが、結婚への意欲があるならば可能性はゼロではありません。ただし、成功させるには意識改革と戦略が必要です。そのためにも、まずは婚活の手段を見直しましょう

 

マッチングアプリ

現在、結婚相談所を訪れる30代男女はほぼすべての方がマッチングアプリに登録をしたことがあるそう。特徴はなんといっても、手軽に始められるところ。初期費用などがかからず、女性も月会費は無料のケースが多く、男性も数千円です。その手軽さから、会員数も多いことがメリットである反面、遊び目的や結婚に真剣ではない方も多いので慎重に相手を選ぶことが大切だといえそうです。リーズナブルに婚活を進めたい方にはマッチングアプリはおすすめの手段といえるでしょう。

 

知人の紹介

自然な出会いに近い方法ですが、結婚したいと思っている人が知人の周りにいないと成り立たないので、運任せに近いやり方です。とはいえ、「結婚したいから誰か紹介して」と周りに伝えることで、自分自身の意識は変わるので、十分有効的な方法でもあります。特に50代になると、周りに離婚を経験している方も多いので、ちょうど独り身になった異性を紹介してもらえる可能性もあるかもしれません。

 

婚活パーティ

参加条件を世代や肩書きなどで区切った婚活パーティも開催されているので、ある程度絞られた方々と、一度に出会うことができるのがメリットです。身分証明書の提出が求められることがほとんどなので、安心して婚活ができます。しかし限られた時間で、その場での判断になるので、他の婚活よりルックスを重視される傾向があります。

 

結婚相談所

他の婚活方法に比べて、入会初期費用、月会費、成婚料といったお金はかかりますが、独身証明書などの提出が求められるので、虚偽の申請はできません。そういった点では、安心して婚活ができるでしょう。また、じっくり腰を据えてお相手を選ぶことができるので、より価値観の近い、内面重視の婚活が可能になります。

 

6.迷ったときはマリッジコンサルタントに相談

この先結婚できるか不安。自分の年齢の生涯未婚率を見ると、結婚が遠いものに感じる人にこそ、オススメしたい結婚相談所。多種多様なマッチング方法だけでなく、頼れるコンサルタントの存在も大きいです。

「まだ20代だけど、今のうちから婚活を始めたい」「30代だから余裕だと思っていたけど、少しずつ焦ってきた」「40代大人の男性をアピールしたいがどうすればいいの?」「50代だけど諦めたくない」、世代ごとにある悩みを一緒に考えてくれ、これまでの実績とデータにより客観的なアドバイスをもらえる結婚相談所。

まずは情報を集めて、無料であなたの恋愛傾向診断などもあるので、ぜひ試してみてください。意識を変えて行動し始めたときから、あなたの人生は変化するでしょう。

 

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する