結婚相談所での結婚は離婚率が低い?
離婚しないためにおさえておくべき3つのポイント

「結婚相談所を通じた結婚は離婚率が低い」婚活を本格的に始めた人や、結婚相談所のことを調べたことがある人は、一度耳にしたことのあるセオリーかもしれません。

2019年に厚生労働省が発表した数字によると、日本の離婚件数は21万0000組で、離婚率は1.70%と言われています。この数字は人口1000人あたりで離婚した組数を表しています。一方、婚姻件数は58万3000組なので、約3組に1組の割合で離婚しているという数字になります。驚くべき数字ですよね。

30%が離婚している中、恋愛結婚のカップルよりもお見合い結婚のカップルの方が離婚率が低いと言われています。それは一体なぜなのか。

そして一度結婚を経験している、結婚歴のある方の婚活についても詳しく紹介していきます。

<参考>令和元年(2019) 人口動態統計の年間推計

 

 

<目次>

1.恋愛結婚した人と結婚相談所で結婚した人との違い

2.性格の不一致を防げる結婚相談所のシステム

3.客観的なアドバイスがもらえる

4.離婚しないためにおさえておくべきポイント3つ

 ①表面的な付き合いで終わらないこと

 ②長時間一緒に過ごしたり、過酷な体験をともにすること

 ③好きという気持ちももちろん大切

5.再婚を望む方の婚活は有利?

6.再婚したい人ほど結婚相談所がオススメの理由

7.再婚したい人が求める理想像は現実的

8.結婚相談所であなたのお相手を見つけよう

 

1.恋愛結婚した人と結婚相談所で結婚した人との違い

まず、恋愛結婚と結婚相談所の結婚の違いとして、ふたりの「関係性」と「感情」が大きく変わってきます。分かりやすくいうと、恋愛結婚の場合、最初から恋人同士という関係性ではなく、もともと幼なじみ、学校や職場が同じなど、“友達や同僚という関係から徐々にお互い好きという感情を育んだ上でお付き合いに発展し、結婚という順序を踏む“ケースが多くあります。

一方、結婚相談所の結婚は、はじめから“結婚したい人同士という関係性で出会い、この人となら一緒にやっていけるかもしれないという感情を育んでいく”という流れになります。お付き合いから結婚に至るまでのスピードが、平均3ヶ月というデータもあるように、家族になってから、どんどん好きという感情を加速させていくケースが多いのです。

 

2.性格の不一致を防げる結婚相談所のシステム

2018年に発表された裁判所の司法統計から見る、離婚原因ランキングは男女ともに「性格の不一致」が1位

結婚相談所では、そういった性格や価値観の不一致を予め防げるように、結婚する前の段階で、徹底的にヒアリングします。結婚に対する考えはもちろん、将来の理想、家族のあり方など、楽しく恋愛をしている状態では、なかなか直接本人には聞き出せない本音を、最初に洗い出した上で、自分の条件に合う相手を見つけるシステムなので、出会う前から性格の不一致を防げるのです。

 

3.客観的なアドバイスがもらえる

また本人確認書や独身証明書を提出しないと会員になれない結婚相談所会員の中からマッチングする人を選ぶので、身元は明らかな異性と出会えます。(結婚相談所「ツヴァイ」で活動する会員は日本結婚相談所連盟の加盟と合わせて約9万人)。

そして、ただ選ぶのではなく、婚活の専門家であるコンサルタントによる客観的なアドバイスがもらえます。自分ひとりの婚活は、活動中に複数の異性と会っていく中で、一体誰が自分に合う人なのかと悩むこともあるでしょう。その点、コンサルタントがいる結婚相談所では、常に相談できる相手がいるので、客観的な視点をもち冷静に活動できます。

 

4.離婚しないためにおさえておくべきポイント3つ

それでも人間ですから、相手の性格や価値観を100%見抜くことは不可能です。でも、それは5年10年付き合ったカップルが結婚するとは限らないように、付き合いの長さに比例して、相手のことを完璧に理解できるとも限りません。そこで、相手を見極めて離婚をしないために最低限おさえておきたいポイントを3つ紹介します。

 

表面的な付き合いで終わらないこと

マッチングが成立すると、次のステップとしてデートを重ねることになります。2回目、3回目のデートを繰り返すと、相手が自分に合っているか感覚的にもわかってくることでしょう。しかし、いつまで経っても踏み込まずに、ただ楽しいだけの関係でいることは、結婚相談所のお付き合いの中では不毛と言えます。回数を重ねることも大事ですが、家族の話や、お互いにこれからどうしていきたいかという踏み込んだ話をしなければなりません。

 

長時間一緒にいたり、過酷な体験をともにすること

短期間でお互いを知るために、オススメの過ごし方としてコンサルタントが提案しているのが、長時間一緒にいること。2〜3時間のデートだけでは分からない、相手が疲れている時どんな対応をするか、ちょっとしたことで機嫌が悪くなってしまうなど、自分以外のことにどれだけ気を遣えるかを判断できるといいます。具体的には、日帰りでもいいので旅行など、マラソンや山登りのように少し過酷な体験だと尚更、相手の性格が見えてくるのでオススメです。今ブームにもなっているキャンプもいいでしょう。

 

好きという気持ちももちろん大切

もちろんいくら自分の条件に合っているからといって、なんとも思っていない人と結婚するのは、やはりオススメはできません。少しでも好きという気持ちがあるか、自分に正直になって見極めましょう。

 

5.再婚を望む方の婚活は有利?

「ツヴァイ」では、全体的には1割弱が離婚歴のある会員と言われています。余生を再婚相手と一緒に過ごしたいという気持ちは、年々平均寿命が上がっていることを考えると、自然な感情でしょう。

一度結婚を経験している方は、結婚生活の理想と現実を知っている分、未婚の方よりも判断が早いです。

離婚歴があろうとなかろうと大事なのは、いかにその人との結婚後の生活をイメージできるか。結婚後にやっぱり性格が合わなかったという結果にならないように、相手の性格や価値観を理解し、どこまでなら自分が妥協できるかをしっかり見極めることが大事になってきます。

 

6.再婚したい人ほど結婚相談所がオススメの理由

結婚を経験したことがある人に結婚相談所をオススメしたい理由は、なんといっても出会える異性の数です。結婚相談所の場合、コンサルタントと相談しながら婚姻歴を気にしないお相手を探すことができます。

「自分なんかが再婚できるだろうか…」「やっぱり初婚を求める人が多いのでは?」といった不安な要素を抱えている方もいらっしゃると思いますが、気になる人へのアプローチの方法や、心配な点はなんでも気軽にコンサルタントに相談してみてください。

 

7.再婚したい人が求める理想像は現実的

結婚歴がある人が相手に求める条件は、初婚だろうと再婚だろうとどちらでもOKという人が多いそう。あまりこだわりなく婚活できる点も結婚歴がある人のいいところと言えるでしょう。過去に結婚を経験しているからこそ、自分の長所と短所を理解し、その上で相手の性格や価値観も見極め、条件を考えている点も再婚率が高くなる理由です。

 

8.結婚相談所であなたのお相手を見つけよう

誰しも、結婚する時には「離婚」するなんて思っていません。周りから祝福され、一生添い遂げることを誓った二人でも、何かをきっかけに別れを決意してしまうのが離婚です。結婚するより何倍も体力と気力が必要と言われるように、できれば避けたいことであるのは明確です。

離婚という選択肢を選ばなくて済むように、まずは自分という人間の長所と短所を知って、それに合った相手を見極めること。答えは至ってシンプルですが、自分ひとりでやろうとするには限界がありますし、間違った方向にいったとしても、指摘してくれる人はいません。だからこそ、きちんとプロから客観的なアドバイスをもらいながら活動できる結婚相談所が頼りになります。

初婚であろうと、結婚歴があろうと、自分にとって最適な結婚相手を見つけるのですから、時には言いたくないことも相手に伝えなくてはならない時もあるでしょう。心根が優しい人ほど、本当のことを言えないという状況もあるかもしれません。

そんな時は、コンサルタントに間に入ってもらって、次へと進みましょう。何かと不安の多い世の中だからこそ、快適な婚活ライフを送れる結婚相談所をぜひ活用してみてください。

⇒ツヴァイの無料コンサルティングはこちら

希望条件のマッチング結果を
入会前に見てみませんか?

他のエピソードを読む

オンラインでの体験もOK

マッチング無料体験を予約する